アンダーヘア脱毛の施術方法と痛み

アンダーヘア脱毛の痛みは施術方法により全く異なります。

主な施術方法と痛みについて

ニードル脱毛

ニードル脱毛はTBCなどのエステサロンで提供している美容電気脱毛の事です。痛みは物凄く痛いというレベルです。本当に痛いのでニードル脱毛でデリケートゾーン脱毛をする人はほとんどいません。そのかわり脱毛効果が抜群です。すべての施術方法で一番効果がある施術方法です。一度施術した毛穴は永久脱毛となり2度と毛が生えてきません。ニードル脱毛は施術が痛い事と料金が高い事がネックになり利用者が少ないのが現状です。 
 

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は湘南美容外科などクリニックが提供している脱毛方法です。医療レーザーでのアンダーヘア脱毛の痛みは、かなり痛いです。それでもニードル脱毛よりも痛くありま せん。ニードル脱毛と違い耐えられないほど痛いという事はありませんが、痛いので我慢は必要です。オプションで麻酔を用意している医院もあります。医療レーザー脱毛の効果はニードルには劣りますが、効果抜群です。1回で脱毛完了とはならないものの、6回を1年前後で通う事で脱毛完了できます。医療レーザー脱毛は永久脱毛保証があるクリニックも多く、一度脱毛完了した毛穴は毛が生 えてきません。料金がニードルより安くてフラッシュ脱毛より効果が強いので一番人気がある脱毛方法です。

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛はミュゼなどの脱毛サロンが提供しています。アンダーヘア脱毛での痛みはありますが、ニードル脱毛や医療レーザー脱毛と比較すると痛くありません。そのため多くの女性が領している一番スタンダードな施術方法です。あまり痛くないですが、効果もニードルや医療レーザーより劣ります。脱毛完了までに18回3年ほどかかるため、かようのが大変です。その分、脱毛料金もニードルなどよりは安くなっています。脱毛効果は十分にえられますが、永久脱毛効果はありません。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックス脱毛はアンジェリカなどの専門サロンが提供しています。ワックスを塗り乾いたら剥がすだけの脱毛です。そのため剥がすときに痛いです。効果も弱いため水着をきる時など一時的にアンダーヘアが無くなればいい方向けです。ニードルやレーザー脱毛ほどの痛みはありません。

ハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛ディオーネなどのサロンで提供されている無痛の脱毛方法です。アンダーヘア脱毛でも痛みがありません。レーザー脱毛などの痛みに耐えられない方や痛くない脱毛をしたい女性に人気があります。毛根にある毛のタネにダメージを与えて毛を生えなくする方法です。そのたレーザーのような熱で毛を焼くわけではないですし、ニードルのように針を刺す事もないため、お肌にやさしくて痛みがありません。その反面効果を実感するのに時間がかかります。料金は脱毛サロンのフラッシュ脱毛より少し高めの設定です。

以上が、現在アンダーヘア脱毛に使われいる施術方法です。

従来の方法では施術時の痛みは必ずありました。

それが、近年ハイパースキン脱毛という手法が普及してきた事により、痛くない脱毛を受ける事も可能になってきています。脱毛効果と料金から考えるとコスパではレーザー脱毛には劣りますが、お肌にやさしくて痛みがない施術をしたい女性には最適です。

痛みと効果は表裏一体

ハイパースキン脱毛は痛みが全くない比較的新しい手法です。ですが、それでもレーザー脱毛や光脱毛が人気なのには理由があります。それは効果の違いです。

ハイパースキン脱毛は効果が出るまでに時間がかかります。完了までの回数はあまり変わりませんが、効果が出てくるまでに時間がかかるため施術を受けるお客様が疑心暗鬼になるのです。6回位受けても全く効果が無い方もいて12回とかでようやく毛が減ってきたという事例もあります。12~18回は絶対に受ける必要があります。

その反面、痛い事で有名な美容電気脱毛(ニードル脱毛)は1回で完了です。1度施術した部位は永久脱毛なので最も短期間で終わる脱毛方法といえますね。次に痛いと言われる医療レーザー脱毛ですが、1回で終わりませんが6回~9回位で終わります。

最後に脱毛サロンの光脱毛ですが完璧を目指せば18回前後となります。ハイパースキン脱毛も完璧を目指せば18回前後。

このように、痛い施術方法ほど効果が強く短期間で終わり料金も高いのです。安い施術方法ほど料金が安く効果が弱いので回数がたくさん必要になります。

現状では痛くない方法を選んで長く通うか?
痛い方法を選んで短期間で終わらせるか?

痛みor効果

どちらを選ぶかはあなた次第です。