vio脱毛の効果の表れ方と回数、期間、通うペース

vio脱毛の効果の表れ方

vioは全身の中でも比較的毛深い女性が多い部位です。毛が濃いと自己処理しても綺麗に仕上がらないため、脇とアンダーヘアは脱毛したいと考える女性が多いので、脱毛サロンでもキャンペーンプランを展開しているお店も多い人気の部位です。

効果の現れ方ですが、サロンの場合だと最初はフラッシュを照射してもらっても毛が抜けずらくあまり効果を感じません。特に最初の1~3回目は効果が目に見えて表れにくいです。

しかも最初は太い毛がおおため痛みを強く感じやすく、痛いのに効果がないと諦めてしまう女性も多いんです。レーザー脱毛は特にIライン周辺で痛みを感じやすいた脱落者は以外と多いです。

アンダーヘア脱毛は最初の数回が特に痛くて効果を感じにくく通っていてバカバカしくなってしまいます。これからアンダーヘア脱毛をはじめる方はこの最初の数回を乗り越えてる事が大変ですが、最初からどういう感じで効果が出るのか理解していれば我慢することも難しくはありません。vio脱毛は最初さえ乗り切れば後は楽です。

クリニックで3回目以降、サロンで5回目以降から効果がでてきます。ここからは施術を受けるたびに効果を実感しやすく毛も抜け落ちるので楽しく通うことができます。また、徐々にアンダーヘアが薄くなってくると痛みが弱まってきます。痛くないし効果も感じるので余計に楽しくなり途中からは通う事に迷いもなくなります。

vio脱毛は効果に対して焦らず数回は様子を見る忍耐力が必要です。

vio脱毛完了までの期間、回数、通うペース

アンダーヘア脱毛完了までには長期間通う必要があります。これが大変で脱毛を敬遠する人さえ流ほどです。

医療レーザー脱毛で1年~一年半を2~3ヶ月に一度通い合計6~9回の施術を受ける必要があります。脱毛サロンの場合は3年が目安になります。アンダーヘア完了までの回数の目安は18回前後。2~3ヶ月に1回通うと3年前後かかる計算になります。

サロンとクリニックの脱毛効果の違いについて詳しくはこちらのページで解説しています

アンダーヘア脱毛は脱毛完了するまでこれだけ長期間通うことになりますので、サロンやクリニックで回数パックプランを契約する時は慎重に検討してから契約しましょう。
 
多くの脱毛サロンやクリニックでは途中解約をするとかなり損をする料金プランになっています。中には良心的で施術を受けた回数以外全額返金してくれるサロンやクリニックもありますが、基本的には少し損をする形になります。

通うなら覚悟を決めて同じサロンやクリニックへ最後まで通いましょう。

vio脱毛に通う期間を短くするには?

vio脱毛はお金を払っても最初の数回は効果がほとんど出ません。そこで嫌毛がさして辞める方も多いですが、それは勿体ないです。私はすぐに効果が得たい。vio脱毛へ通う期間も短い方がいい。そういうわがままな方にお薦めなのが、美容電気脱毛です。

美容電気脱毛はニードル脱毛の事ですが、1回施術した毛穴は即日で毛が無くなります。しかも永久脱毛の保証付きです。美容電気脱毛はTBCなどが提供してます。1回でその部分の毛が無くなりますので効果はみたままです。気分良く帰宅できます。

こんなに効果的な脱毛方法があるのになぜ多くの女性はニードル脱毛を選ばないのでしょうか?多くの人は光脱毛やレーザー脱毛を選んでいますね。2~3年も通うの大変なのに。

その理由ですが、美容電気脱毛は料金が高額なんです。概ねサロンの光脱毛の3倍程度は見る必要があります。全身やったら100万円とか普通にかかります。もはや庶民の手が届く金額ではないんですね。他には痛みが強い事が上げられます。ニードル脱毛だけにハリで毛穴を施術するため痛いです。コノ痛みがiラインのレーザー施術よりもっと痛い位痛いです。

そのため多くの女性は効果抜群なのに高額かつ痛いので美容電気脱毛を避けています。こういった理由から光脱毛やレーザー脱毛が普及しているんです。

結局、vio脱毛に通う期間を短くするにはこの3つの方法しかないです。

予約の取りやすいサロンを選ぶか?
効果が出るクリニックを選ぶか?
美容電気脱毛(ニードル)で1回で終わらせるか?

どれを選ぶかはご自身の自由ですが、どうしても短期で終わらせたい方でお金があるならニードル。そこまでお金は出せないけど短期で終わらせたい方はレーザー。レーザーもニードルも痛そうだからムリな方は脱毛サロンを選ぶのがよいでしょう。

脱毛サロンやクリニックに通うと言うのは、めんどくさいです。そこをどうするか?が脱毛の一番ネックになる所なのかもしれません。3年も通うとかもう学校みたいですからね。通わずに1回で終わるし安いし痛くない脱毛を開発して欲しいものです。