VラインやIラインの色素沈着の原因

美容の大敵と言える色素沈着。
肌が黒くなり、みっともなく感じる人が多くいます。
特に色素沈着が起こりやすいのがVラインやIラインです。

ではこの色素沈着の原因は何なのでしょうか。

色素沈着とは肌が強くこすれることによって起こるメラニン色素の蓄積だと言われています。
つまり刺激を多く受けると肌は防衛するためにその部分を強化していると考えられます。

VラインやIラインというのは下着によって摩擦が生じやすい部分ですので、色素沈着が起こりやすくて当然と言えます。
また、デリケートな部分であるため、色素沈着を起こしやすい部分でもあります。

ただでさえ色素沈着が起こりやすい部分なのに、カミソリなどを利用してムダ毛の処理を行うと肌への負担が大きくなり、より一層の色素沈着へと繋がりかねません。

色素沈着の対策

一度色素沈着が起こるとなかなか改善するのは難しいとされています。
色素沈着は肌のターンオーバーを繰り返すことによって自然と薄くなっていきますが、それを上回るほど肌に摩擦がかかると当然いつまでも黒ずんだまま。

そこで、刺激が少なく、ターンオーバーを促進させる効果を持つ石鹸やボディーソープ、ケアグッズを利用すると早い解消が見込めます。

また、脱毛の際には肌に負担がかからない脱毛方法を選択することが重要です。

カミソリや毛抜きは肌に大きな負担がかかるのでNG。
フラッシュ脱毛やレーザー脱毛が理想的だと考えられます。
脱毛後は化粧水やクリームなどでしっかりとケアするようにしましょう。

ムダ毛処理の後のぶつぶつやチクチクも黒ずみの元

ムダ毛を処理した後、肌にぶつぶつができたりチクチクしたりします。
これらの原因は一体何なのでしょうか。

まず肌のぶつぶつですが、これは埋没毛であることが多いです。
一度ムダ毛処理を行った後に再び毛が生えてきますが、それがうまく毛穴から伸びることが出来なかった場合に起こります。

一方のチクチクですが、これは伸びてきたムダ毛です。
カミソリなどでムダ毛処理を行うと毛の断面が鋭利になっているため触ったときにチクチクしてしまうのです。

ぶつぶつやチクチクになりにくい自宅脱毛方法は?

肌がぶつぶつになったりチクチクしないようにするにはカミソリや電気シェーバーで剃るのではなく、脱毛しなくてはなりません。
しかし、毛抜きなどで脱毛を行うと痛いですし、時間もとてもかかってしまいます。

そこで利用したいのがフラッシュ脱毛器です。
フラッシュ脱毛器は光を毛の黒い部分に集めて毛根を壊すことによって脱毛します。
肌そのものにエネルギーがかからないため痛みが無く、肌へのダメージが少ないのが特徴です。

フラッシュ脱毛器には様々なものがありますが、足や腕など範囲の広い場所の脱毛を行う場合には照射面積の広いものを使うようにしましょう。

また、照射出力は部位に合わせて微調整を行うようにしましょう。
デリケートな部分ほど弱い出力で行うようにします。

これらの条件の中でオススメなのはケノンです。
ケノンはワンショットあたりの値段も安いため経済的に脱毛を行うことができますし、美顔機能も搭載しているので肌をキレイにすることも出来ます。

vioライン脱毛を自宅で行う方法と注意点

vioライン脱毛を自宅で行う注意点

Vラインは水着になったり可愛い下着を着るときにとても気になる部分です。
しかし、普段は人に見せることの無い部分だからこそ、エステやクリニックなどで脱毛してもらうのは恥ずかしいもの。

ですので、ほとんどの人が自宅で、自分で行っています。

カミソリや電気シェーバーを利用して処理を行う人が多いと思いますが、これは色素沈着などの原因になるため考え直したほうがいいでしょう。
また、除毛クリームも同様のことが言えます。

その理由はデリケートな部分だからこそ、肌に負担の少ない脱毛方法を選択するべきだからです。

カミソリ、除毛クリームは肌に負担がかかってしまい色素沈着を誘発してしまいます。
電気シェーバーは肌への負担が少ないですが、チクチク肌になりやすく、下着と擦れることによって肌に負担がかかり色素沈着に繋がります。

一度色素沈着が起こるとなかなか解消するのが難しいため、Vラインの処理は脱毛が好ましいです。

自宅で行うvioライン脱毛の方法

自宅でVラインの脱毛を行う場合にはフラッシュ脱毛器がオススメです。
フラッシュ脱毛器は肌に負担がほとんどかかりませんし、痛みも無いため安心して利用することができます。
また、照射範囲が広いので広範囲を一気に短時間で済ませることができるのも嬉しいポイントです。

脱毛を行うことによって肌のポツポツやチクチクを避けることができるので、処理後の不快感も少ないです。

フラッシュ脱毛器で脱毛を行った後は必ず化粧水やクリームでケアを行うようにしましょう。